Eコレ | みんなでつくるWebブックマーク

「EDIBEL WAY- 食べられる道」は、地域にある沿道の小さなスペースに、持ち運び可能なフェルトプランターを置き、住民たちが野菜を育てることで、「食べられる景観(Edible landscape)」を展開させるプロジェクトです。

沿道にプランターが並ぶことでできる、人と緑、人と人とをつなぐ、「食べられる(=edible)」「道(=way)」であり、「食べられる景観(=edible landscape)」を展開する「方法(=way)」です。

収穫物は、各家の食卓以外に地域の空き家で行うコモンキッチンでも使われます。関係が断絶した地域社会において「食べられる景観」でゆるやかに人がつながり、いざというときに助け合える予防的セーフティネットワークを構築することで、安心して豊かに暮らせるまちづくりを目指しています。

(「About」より引用)


Loadingマイリストに追加情報の修正・削除

クチコミ・宣伝を書く

このページの上部へ戻ります